なかなか収入が上がらないと困っている看護師の方へ

看護師というのは入職してからの年数によって給与のほとんどが決まってしまうので、自分の思い通りに収入が増えていかないと悩んでいる方も多いのではないでしょうか。
そんな方は転職を考えてみることも有効な手段といえるかもしれません。
今回は看護師という仕事の中で収入を増やしていく方法をご紹介。
業務のぶんはきちんと評価されなければ働く意欲も失ってしまいますよね。


病院を転職することで収入アップもあり得ます

収入を増やす手っ取り早い手段としては病院を転職することがおすすめです。
給与は各病院の規定や各都道府県の規則によって決められているので、病院を変えることによって同じ勤続年数でも年収を大幅に増加させることも可能となっています。
これらの給与規定は転職サイトなどに掲載されている求人で確認することが出来るので、収入で悩んでいる人は他の病院の給与モデルなどを確認することをおすすめしています。
また、大半の病院ではこれまでの経験年数に応じた給与を支払ってくれるようになっていますが、中には固定された給与で求人を行っている病院もあるので、自分の年収と見比べて冷静に判断することが収入アップのコツといえるでしょう。
特に収入がわずかに増えても夜勤回数などが激増していたら割に合わないので、給与を確認する際は勤務体制などもしっかり確認しておくようにしましょう。
また、千葉県では「成田赤十字病院」の求人への応募がかなり増えているようです。興味のある方はチェックしてみて下さい。


認定看護師などの資格取得で年収もアップ!

収入を増やしたいけれど病院を変えるのはちょっと…という方は認定看護師などの資格を取得してみてはいかがでしょう。
もちろん、資格取得のためにはしっかりとした事前学習が必要となるので簡単ではありませんが、認定看護師などは毎月固定の手当が支給されるなど評価する病院もたくさんあります。
また、看護部内でも役職につきやすいといったメリットもあるので、収入を増加させたいという人はぜひ資格取得も検討してみることをおすすめします。

イベント看護師の求人

イベント看護師は、様々なイベントで万が一のために配置されている看護師のことです。
例えばコンサートなどの会場からもニーズがありますし、お祭りや研修会などでも求められます。
この求人のほとんどは短期アルバイトや単発であり、長い場合にもせいぜい1ヶ月程度です。
定期的な声掛けが約束されていたり、期限がないアルバイトといった求人はほとんど皆無です。
しかし子育て中であったりその他の理由によってフルに働くことができない環境にある看護師にとっては大変都合のよう仕事であることから、求人に対するレスポンスは高めです。


<イベント看護師の求人の特色>

比較的経験の深さは問われません。
また短期間であることから、人間関係で悩むことも発生しませんし、肉体的な負担もあまりありません。
日給という面でも、かなり割のいい仕事の一つに挙げられるでしょう。
そのため求人が出たときには、かなりの応募があることもあって、すぐに募集が終わってしまう傾向にあります。
看護師専門の転職サイトなどに掲載されていることが多く、この仕事を狙うのであれば、複数のサイトに登録して、マメにチェックすることをおすすします。
「毎年この時期に掲載している企業」というものもありますので、おおよそのスケジュールを覚えておくのも、獲得には有効な手段です。

給料が下がっても別の職場で看護師になる人がいる

看護師の転職理由で最も多いのは「給料を上げたいから」ということのようですが、転職してより高いお金をもらえたという人はそんなに多くないようです。
むしろ、下がってしまったという人が多いとも言われています。
しかしそれでも「転職して正解だった」と思う人は多く、前の職場よりも長く働けている人もたくさんいます。
これはなぜなのでしょうか?


お金よりも働き方の問題の方が重要になるかもしれない

看護師に限らず、働いているからにはそれなりのお金をもらいたいと思うのが普通だと思います。
しかしそれに加えて、職場での人間関係や休暇のとりやすさなどでもその病院・会社を判断しますよね。
長く働くことを考えてみれば、むしろ後者の方が重要になってくるのではないでしょうか。
いくら金額がよくても、一緒に働いている人からいじめを受けたり、育児休暇などの取得がむずかしかったり、あまりにも長すぎる時間外労働を強いられたりしたらすぐに辞めたくなってしまうと思います。
その場で何年も働いていくには、お金よりも環境なのです。
だからある程度給料が下がってしまっても「転職してよかった」と思う看護師が多いのでしょう。
転職によって得られるのは、高い収入よりも健全な職場環境のようですね。
特にこの職種は体力をかなり消費しますから、職員同士の助け合いや困ったときにサポートしてくれるシステムが整ったところを選びたいでものです。


看護師も一人の人間である

女性の場合は特に注目しておきたいのが、育児後の職場復帰率です。
子どもがある程度大きくなったらまた働き始めたいでしょうから、その際に受け入れ態勢をきちんととってくれるところを選ぶのが鍵です。
職場復帰をさせてくれる会社に転職をしたという人も多いみたいですし、求人広告などで探している人はその辺もしっかりとチェックしておきましょう。
今のその選択が、自分の未来を作るのですよ。

看護師としての悩みを抱えているのは一人じゃない

看護師は日本だけでも多くの人数いるでしょう。その仕事は等しく困難がつきものな、とても簡単とは言い難い仕事ですから、その勤務の中で悩みが発生するのは避けられないことでしょう。
何の仕事をしていたとしてもその仕事の中で思い悩むことは避けられないことですが、看護師は深く人とかかわらなければならない仕事。その仕事上の悩みは深く苦しいものでしょう。
人の悩みはいつも人間同士の衝突から生まれてくるのです。人間関係の確執から生まれる問題の種類や数はとても数えきれません。看護師の求人情報が多く流れており、常に売り手市場なのは、人間関係を原因にして看護師を離職する人が多いからではないでしょうか。


看護師としてしっかり歩んでいく

看護師はとても多くの人と接する仕事です。普通のお店などで働く接客業とも違う、もっと深いところで人と人で深く結びつく仕事です。もっと人間同士の深いところの悩みに触れる仕事です。
接客業で接するのは人間同士の上っ面だけですが、看護師はその程度では許されません。もっと深刻な肉体の傷、精神の傷にも深く接して行かなくてはならいことを知っておきましょう。
その人間同士の関わりに苦痛を覚える人は看護師の勤務を行のは正直言って不可能です。人に絶えず興味を持っている。人との関わりに強い喜びを覚える。そういった人が看護師に向いているのです。
人の喜びを自分の喜びのように感じることができる人。そういった人を病院は求めているのです。


なんで看護師を選んだの?

日本にいる限り、最低限の職業選択の自由は約束されています。不景気の昨今、100%希望通りとはいかないかもしれませんが、それでも、看護師という特別な仕事を選んだというのには大きな理由があるのではないでしょうか。
何も考えがない状態で看護師という仕事を選ぶ人はいないでしょう。
母親、祖母が看護師だったのでしょうか。幼い時の思い出?それぞれの理由があったとしても、しっかりその動機に見合った成果を上げることが必要があります。
看護師だけが、入院患者の心の拠り所です。入院患者の助けとなって、さらに医者のサポートを上手に行って治療の助けになりましょう。
安心を上手に引き出してあげることが大切です。それらをできる人だけがおこなうべきです。白衣の天使の一面を見せて、裏で苦労している様を見せない工夫が癒しの象徴としての役割です。
医療は心と体の両面から行うもの。どちらが欠けてもいけません。

看護師求人はトータル条件で選ぶ

たくさんある求人情報の中から転職先を選ぶのはかえって難しいものです。求人情報に記載されている条件の何を重要視するかで絞られる病院もかわっていくでしょう。看護師であれば高級、福利厚生といった好条件をよく目にします。

高給という好条件=ハードワーク

看護師であれば年収600万円をこえるような高給の求人は多々あります。初めはそんなつもりがなくてもついつい心が動いてしまいそうですね。しかし当たり前の話ですが、高給であるということはハードワークということです。夜勤・残業は日常的にあることが想定されますし、お休みがとりづらい環境である可能性が高いです。家族がいる場合や、心身ともに耐えられない方には、早い段階で勤務を継続することが難しくなるかもしれません。

トータル条件のいい職場を探す

人によって重要視する条件は違うので、その条件ごとのメリット・デメリットを承知したうえで、自分にとってトータルで条件のいい職場を探すことがポイントです。高給・福利厚生といった一般的な好条件だけで職場を決めるのなら、ハードワークといったデメリットを了承したうえで選択する必要があります。おすすめは、お休みがある程度とれて、残業少なめ、給料は納得いく範囲で、人間関係が良さそう、といったトータルで好条件の看護師求人を探すという選択肢です。

心が疲れたときの看護師の転職

看護師の仕事は過酷なものです。そのため転職も多くなっていますが、いまでは看護師定着のため、職場環境の改善に努めている病院も多くなりました。それでも万年の看護師不足のため看護師ひとりに掛かる負荷は大きく、流動的な業界になっています。ストレス負荷が転職の大きな原因となっていますが、こういったときには「次の職場で長く続けられるのだろうか」と不安を抱えてしまう人も多いでしょう。自分自身の心と体のリハビリが必要な時かもしれません。こういったときに積極的に活用したい転職形態も提案され始めています。


<期間限定の転職先>

ストレスが過大にかかってしまった後は、自分自身の自信を取り戻すことも困難になっていることがあります。そういったときには次の職場に対しても不安を感じてしまいます。今注目されている転職方法に「一律の条件で、全国の大都市もしくは離島、どちらかを選んで期間限定で働くといったシステムがあります。旅費や住居などの用意もあります。「疲れきってしまって癒しがほしい」ときには沖縄や離島でプチ移住を楽しみながら働き、しっかりお給料がほしいというときには都会のコースを選択するのもよいでしょう。期間が半年と決まっていますので、「合わない」と思っても、ストレスを感じにくくなります。

やりがいのある看護師、あなたのやりたいを求人でみつけよう

看護師になることを夢見て日々勉強や実習をこなしおられる方は多いと思います。その勉強する範囲というのはとても多く大変なことだと思います。ですが看護師の仕事というのは実際には病院などに勤務するだけでなく実際の日常生活の中でも役立つ知識ばかりです。実際に勤務すれば実習とは違い過酷なものなのかもしれません。ですがやりがいのある仕事です。ですから求人を探す際には自分がどのような病院でまたどのような環境で仕事がしたいのかを明確に求人を探す必要があると思われます。


<自分に合った職場を探す>

看護師の仕事は本当に大変です。ですが必要な仕事でもあります。たくさんの知識も必要になりますし、体力的にも精神的にも大変なものなのは確かです。ですがそれでもこの仕事をしたいと資格を取られた方も多いと思います。ですからどれだけ大変でも自分らしく仕事が出来るように、自分に合った、また自分の求める環境がある病院を探す必要があります。求人は色々とあると思います。求人の中には実際に勤務する方の声や職場環境などを細かく書かれたサイトなどもあります。その中から探すのは大変かもしれませんが、自分が勤める所ですから、最初は大変でも慎重に探すことが大切なのです。

男性看護師が転職をするときのポイント

看護師は女性が就く仕事と思われがちですが、日本でも徐々に男性看護師が増加してきていると言われています。また病院などでも妊娠や出産がなく勤務を継続できる男性はキャリア面での育成も期待できるとして、男性ナースの採用をすすめるところも増加し始めているそうです。


看護師の施設がどうなっているか

男性看護師を受け入れたいという病院そのものは多いのですが、なかなか受け入れが進まない理由に更衣室などの施設の準備があると言われています。夜勤などもあることから、仮眠室や更衣室が必要な仕事です。男性と女性を同じところで!というわけにはいかないことから、男性ナースのための施設がきちんとしている病院かどうかを知っておきましょう。


キャリアアップに積極的かどうか

もしも長く一つの病院でキャリアを積むことを考えるのであれば、専門看護師などの資格も視野に入ってくるかと思います。このような資格は日中にある資格のための講習に一定期間参加することが条件になります。この場合に給与面はどうなるのか、資格にかかるお金は援助してくれるのかなども、求人ではしっかりと確認しましょう。このような場合の待遇は病院で全く異なりますので、過去にどのようになったかなども含めてしっかり知っておくと安心できるかもしれません。

看護師の仕事を長く続けるコツは?

看護師は体力的にも精神的にもつらい仕事です。勉強しなければならないことも多く、また日常的な業務もたくさんあります。患者さんからの要望もいろいろです。それに対応していかなければならないのが看護師ですが、最初からがんばりすぎると疲れてしまいます。


<がんばりすぎないことも大切>

大変な仕事だからこそ、目的がないと続けていくことは難しいものです。その病院ではどのような看護ができ、自分に合っているのか、ということや将来どのような方向に進むのか、認定や専門看護師など専門的知識を持ちたいのか、管理職になりたいのか、など自分の進む道を決めることも、長く続けるためには大切なことです。求人情報にもそういった内容は載っているので確認してみましょう。


<求人情報で福利厚生を確認>

長く仕事を続けるためには、働く環境も大事です。休日はしっかり取れるか、育児休暇はどうなっているか、給料やボーナスはどうか、といった給料や福利厚生については、求人情報をしっかり確認することが大切です。また、看護師本来の仕事をするためには、業務改善がなされている環境が必要です。それぞれの職種が役割を認識し仕事をすることで、仕事がしやすくなります。そのような取り組みがされている病院で仕事をする方が長く働くことができます。

 

看護師になってから取得できる資格

看護師は現在、男性も採用を積極的に行う、外国人看護師の受け入れを行うなど、非常に注目を浴びている仕事です。資格を取得することで就職がしやすい反面、職場の環境などもあり離職率の問題も抱えていますが、看護の仕事のエキスパートと言える資格をご紹介します。


認定看護師という資格

ナースとして働いてから取得できるものに、認定看護師があります。この資格は5年以上、ナースとしての勤続経験があること、そのうちの3年以上が認定分野の特定の科であることを受験資格としています。ナースになってから初めて取得ができる資格ですが、この資格はより深い医療の知識や、高い水準の看護技術の取得、看護職の指導、コンサルテーションなども役割として考えられていることから、将来、役職などを目指す場合には取得するといいと言われているそうです。


資格取得のためのバックアップをしてくれるかチェック

この資格は昼間に講習があり、この講習は6か月間継続して出席を求められるものです。そのため、夜勤に交代するか、この期間は休職扱いや長期出張として扱ってもらうこととなります。もしくは夜勤のみの勤務で昼間に勉強をすることとなるのです。認定看護師の資格取得を目指している場合、病院側がどのようなバックアップを行ってくれるのかなどもしっかりと確認するようにしましょう。

看護師は資格があると便利!

看護師資格を取得していると、ずっと続けることのできる素晴らしいお仕事です。
もちろん、看護師になるためにはきちんと資格を取得する必要がありますが、現在では病院に勤めながら資格を取得する方などが増えてきているようです。
働きながら経験を重ねて資格を取れるのも魅力的で良いですよね。
そういった専門学校などもありますので、比較的に資格を取得しやすい環境が増えてきているように感じます。
多くの病院では新人コースから始まって基礎コースや専攻コースと徐々に進んでいくそうです。
カリキュラム自体がしっかりしているので、看護師の資格を取りたい方にはとても良い環境なのではないかと思います。


看護師の仕事は素晴らしいもの!

看護師になると、病院だけではなくてそのほかのあらゆる場所で活躍することが出来ます。
介護老人ホームや病院・診療所でも働くことが出来ますし、いざ道を歩いていて突然急病の方が出てしまった時にも活かせるのでとても良いと思います。
また、震災時のときや人手が足りないときなどにも心強い存在として活躍が出来るかと・・・!
いざという時に資格が活かせるので看護師はとても素晴らしい職業だと思います。
皆さんはどうお考えでしょうか?

イマドキ看護師の職場の探し方

インターネットが普及した今、多くの看護師が新しい職場を探すときに、その職場で勤めていた人の口コミを参考にしています。求人載っている情報では伝わってこない、リアルな職場の声が聴けるので、安心して信用できるかどうかがわかるということが人気の理由です。


その看護師求人信用できますか?

毎日働く環境だから、どこでもいいという訳にはいきません。勤務時間や有休、休日出勤の有無など人それぞれ給料以外でも希望の条件があるはずです。しかし、求人票の条件がよく見えても、その求人情報と実際の仕事内容にギャップがあるなんてこともよくあります。そこで、活用したいのが看護師求人サイトの口コミ情報です。現場のリアルな体験談を参考にすることで、自分が思っている理想に近いのかどうかがわかります。


退職理由で多いのは人間関係

これは看護師だけに限りませんが、仕事を辞めてしまう理由のNO.1は人間関係であることがわかっています。特に看護師の職場では、一瞬の油断で大きな問題にまで発展してしまうこともあるので、緊迫した空気の中の仕事になります。そのため、神経が過敏となっている人も多く、ストレスのはけ口に行き詰っているケースもあります。事前に口コミで、どんな人がそこで働いているのか、どんな雰囲気の職場なのかを知っていれば安心ですよね。

看護師の環境はどうなっているの?

現在では人手不足に悩まされて勤務時間がとても長いものになっていますが、このままでは看護師の方たちの方が参ってしまいますよね。
今は少しずつその環境も改善されつつあるようですが、統一されるには恐らくまだまだ時間がかかるかと思います。
早く統一してもらえれば看護師の方々も安心して働くことが出来るのに、現実はなかなか難しいですね・・・。
看護師は皆同じ仕事を行なっていると私たちは思いがちですが、実際は職場によって仕事内容が異なってくるものらしいです。
まったく知らなかったことなので驚きですね・・・てっきり同じことを行なっているとばかり思っていたので、今後はちゃんと知る必要がありますね。


看護師だってプライベートは大事!

毎日が忙しいのでプライベートを確保できている方も少ないかと思います。
そのため、自分が納得した環境を探すことが非常に大変になってきます。
看護師で忙しくしている分、やっぱり休息も必要になってきますしあまり働き詰めでは精神的にも肉体的にもつらくなって辞めてしまうかもしれませんよね。
実際に、忙しくてついていけずに辞めてしまった方々も多くいるようです。
それなので、プライベートも大切なのです。
やっぱり診てもらう側も診る側も健康が一番ですよね。

看護師はどんな仕事をするの?

皆さんも病院へ行く際に、院内で看護師を多く見かけますがどんな仕事をしているのか気になったことはありませんか?
例えば、点滴や注射をしてくれたり診てくれる医師のお手伝いをしていたり色々な職務をこなしているのをみかけていると思います。
また、診察室へ入る際に名前を呼んで案内してくれる方もいますよね。
看護師の仕事内容って何だろう?と思う方もいるはず。
そこでその仕事内容について調べてみました。
一体どのくらいの職務があるのでしょうか?


看護師の仕事内容とは?

まず、看護師の勤務時間は24時間スケジュールになっているそうです。
いつでも誰かが対応できるようなシステムになっているので患者さんたちも安心できますが、看護師としては少々大変な部分かもしれません。
他には先程お話した注射や点滴、検温や血圧を測るなどちょっとした診察もします。
看護師は大変なお仕事かもしれませんが、とてもやりがいのある素敵なお仕事です。
病気やケガをしていた患者さんを自分が看護することによって元気になり退院していく様は本当に充実感が感じられると思います。
今現在目指している方には頑張ってもらいたいですし、誰かのために仕事がしたい方にはぜひともおすすめのお仕事です。