給料が下がっても別の職場で看護師になる人がいる

看護師の転職理由で最も多いのは「給料を上げたいから」ということのようですが、転職してより高いお金をもらえたという人はそんなに多くないようです。
むしろ、下がってしまったという人が多いとも言われています。
しかしそれでも「転職して正解だった」と思う人は多く、前の職場よりも長く働けている人もたくさんいます。
これはなぜなのでしょうか?


お金よりも働き方の問題の方が重要になるかもしれない

看護師に限らず、働いているからにはそれなりのお金をもらいたいと思うのが普通だと思います。
しかしそれに加えて、職場での人間関係や休暇のとりやすさなどでもその病院・会社を判断しますよね。
長く働くことを考えてみれば、むしろ後者の方が重要になってくるのではないでしょうか。
いくら金額がよくても、一緒に働いている人からいじめを受けたり、育児休暇などの取得がむずかしかったり、あまりにも長すぎる時間外労働を強いられたりしたらすぐに辞めたくなってしまうと思います。
その場で何年も働いていくには、お金よりも環境なのです。
だからある程度給料が下がってしまっても「転職してよかった」と思う看護師が多いのでしょう。
転職によって得られるのは、高い収入よりも健全な職場環境のようですね。
特にこの職種は体力をかなり消費しますから、職員同士の助け合いや困ったときにサポートしてくれるシステムが整ったところを選びたいでものです。


看護師も一人の人間である

女性の場合は特に注目しておきたいのが、育児後の職場復帰率です。
子どもがある程度大きくなったらまた働き始めたいでしょうから、その際に受け入れ態勢をきちんととってくれるところを選ぶのが鍵です。
職場復帰をさせてくれる会社に転職をしたという人も多いみたいですし、求人広告などで探している人はその辺もしっかりとチェックしておきましょう。
今のその選択が、自分の未来を作るのですよ。

Comments are closed.