看護師になってから取得できる資格

看護師は現在、男性も採用を積極的に行う、外国人看護師の受け入れを行うなど、非常に注目を浴びている仕事です。資格を取得することで就職がしやすい反面、職場の環境などもあり離職率の問題も抱えていますが、看護の仕事のエキスパートと言える資格をご紹介します。


認定看護師という資格

ナースとして働いてから取得できるものに、認定看護師があります。この資格は5年以上、ナースとしての勤続経験があること、そのうちの3年以上が認定分野の特定の科であることを受験資格としています。ナースになってから初めて取得ができる資格ですが、この資格はより深い医療の知識や、高い水準の看護技術の取得、看護職の指導、コンサルテーションなども役割として考えられていることから、将来、役職などを目指す場合には取得するといいと言われているそうです。


資格取得のためのバックアップをしてくれるかチェック

この資格は昼間に講習があり、この講習は6か月間継続して出席を求められるものです。そのため、夜勤に交代するか、この期間は休職扱いや長期出張として扱ってもらうこととなります。もしくは夜勤のみの勤務で昼間に勉強をすることとなるのです。認定看護師の資格取得を目指している場合、病院側がどのようなバックアップを行ってくれるのかなどもしっかりと確認するようにしましょう。

Comments are closed.