看護師としての悩みを抱えているのは一人じゃない

看護師は日本だけでも多くの人数いるでしょう。その仕事は等しく困難がつきものな、とても簡単とは言い難い仕事ですから、その勤務の中で悩みが発生するのは避けられないことでしょう。
何の仕事をしていたとしてもその仕事の中で思い悩むことは避けられないことですが、看護師は深く人とかかわらなければならない仕事。その仕事上の悩みは深く苦しいものでしょう。
人の悩みはいつも人間同士の衝突から生まれてくるのです。人間関係の確執から生まれる問題の種類や数はとても数えきれません。看護師の求人情報が多く流れており、常に売り手市場なのは、人間関係を原因にして看護師を離職する人が多いからではないでしょうか。


看護師としてしっかり歩んでいく

看護師はとても多くの人と接する仕事です。普通のお店などで働く接客業とも違う、もっと深いところで人と人で深く結びつく仕事です。もっと人間同士の深いところの悩みに触れる仕事です。
接客業で接するのは人間同士の上っ面だけですが、看護師はその程度では許されません。もっと深刻な肉体の傷、精神の傷にも深く接して行かなくてはならいことを知っておきましょう。
その人間同士の関わりに苦痛を覚える人は看護師の勤務を行のは正直言って不可能です。人に絶えず興味を持っている。人との関わりに強い喜びを覚える。そういった人が看護師に向いているのです。
人の喜びを自分の喜びのように感じることができる人。そういった人を病院は求めているのです。


なんで看護師を選んだの?

日本にいる限り、最低限の職業選択の自由は約束されています。不景気の昨今、100%希望通りとはいかないかもしれませんが、それでも、看護師という特別な仕事を選んだというのには大きな理由があるのではないでしょうか。
何も考えがない状態で看護師という仕事を選ぶ人はいないでしょう。
母親、祖母が看護師だったのでしょうか。幼い時の思い出?それぞれの理由があったとしても、しっかりその動機に見合った成果を上げることが必要があります。
看護師だけが、入院患者の心の拠り所です。入院患者の助けとなって、さらに医者のサポートを上手に行って治療の助けになりましょう。
安心を上手に引き出してあげることが大切です。それらをできる人だけがおこなうべきです。白衣の天使の一面を見せて、裏で苦労している様を見せない工夫が癒しの象徴としての役割です。
医療は心と体の両面から行うもの。どちらが欠けてもいけません。

Comments are closed.